So-net無料ブログ作成
検索選択

乳がん予防 避妊手術 [ペペロミア]

ペペロミアは避妊手術10月に予定しています。本当は6月にしたかったのですが
出来なくなってしまいました。ちょっと大きくなって1回目のヒート(発情期)がきてしまったからです。

最初の1年でワンコは年を18歳くらいとります。(犬種にもよるけど)
メス犬の生理は8ヶ月目くらいで きたりします。

獣医さんが避妊をすすめるメリットは 乳がんの予防や子宮卵巣の病気の予防です。[かわいい]

生後半年くらいから 避妊手術はできます。

わたし達が今回も獣医さんにも勧められた理由は、

避妊手術のメリット
①乳がんの予防
 獣医さんが勧める一番の理由
 乳がんは雌犬の腫瘍の約50%を占めていて、
 人の発生率の3倍です。この非常に発生率の高い腫瘍が避妊手術によって回避できます

1回目の発情がくる前だと、乳がんになる確率は 0.05%
1回目発情と2回目発情の間だと、危険率は8%
2回目発情ー2歳だと、危険率は26%
2歳以降だと危険率の変化はなし

②子宮卵巣の病気の予防

デメリットは 
全身麻酔の(わずかであるが)危険性はある
けれど、麻酔はどんなに健康でも危険は伴います (これについてはご存じの方多いと思います)
病院ではできる限り安全に麻酔をかける為に手術前に血液と心臓の状態をチェックしてます。ただそれでも
麻酔の危険性は0%にはできません。

・・ というように 乳がん発生率が最初は0.05%なのに徐々にあがっていってしまいます。[がく~(落胆した顔)]

先代の犬で学びましたが、なってしまったら仕方がないけれど、もし防げるのであれば
避妊手術はやってあげようという事になりました。


それで、、、6月に 「ぺぺの手術を来週にしましょうー」 と決めたその晩になんと!
ヒートがきてしまいました[ふらふら]

あらら~[あせあせ(飛び散る汗)]という感じで、でも仕方がないので

獣医さんいわく、

ヒートが来たら2ヶ月は手術ができない。 そして、真夏の7月と8月は手術をお断りしている。
次のヒートは半年後。。つまり12月。
機械ではないので[犬]11月末くらいになる犬もいる。。すると 10月にすれば大丈夫でしょう。 と。

いうことになりました☆

ぺぺも6月に3週間つづきました^^

避妊手術をさせる、させないはそれぞれ飼い主さんの考えがあると思います。
デリケートな問題ですが 今後子犬を飼う予定の方向けに
もしご参考になれば・・
20120918.JPG
追記:
ぺぺは1つ持病があり、 避妊手術のときに 一緒にやってしまおう という予定になっております^^;
病気については またの機会に☆
nice!(30)  コメント(19)  トラックバック(0) 

nice! 30

コメント 19

コメントの受付は締め切りました
ぽりぽり

うちのメルは、6歳になってからですが、避妊手術をしました。評判の良い動物病院を口コミで聞いて決断しました。既に炎症とか、皮膚炎を起こすことが多かったのですが、手術後、うそのように症状が無くなりました。でも性格がとても大人しかったのが、少し活発になりましたね。以前は、避妊にあまり臨床的意義を信じていなかったのですが、考え方が変わりました。
by ぽりぽり (2012-09-18 20:14) 

うさこ

>ぽりぽりさん

遊びにきてくださりありがとうございます。
うちのももは、子宮をとったのは8歳位でものすごく遅かったです。避妊手術というより、別の病気で子宮入り口まで膿が
到達しそうで危なかったので やっと取ったという感じです。。

矛盾するようではありますが、ガンは遺伝も関係ありますし難しいですね。。

同じ獣医さんですが、こちらに引っ越してきた時 「まだやらなくても~」
なんて感じだったんです^^; きっと 当時と今では医学、情報も
どんどん進んでいるのでしょうね。

性格もかわっちゃうこもいます、ってよくいいますよね。 メルちゃんは活発になったのですね♡ ^^
ももは、大人しくなるかも、と言われて その通りになりました(笑) 元々暴れん坊だったのでちょうどよかったですが。爆 でも年をとったせいかもしれません。。
 「ももちゃんらしさが なくなるかも」と言われ躊躇してしまいましたが、
もし飼い主が決心してやっていたら違っていたのかなー なんて思う時もありますがこればかりは変えられませんし。^^;
全然平気なこもいるし、 (避妊手術)したってなるこもいるし。。

by うさこ (2012-09-18 20:26) 

三太

うちのレディも杏も、結局しなかったな〜。
雄たちはみんな玉なしですけどね。
by 三太 (2012-09-18 21:49) 

ラッテ

悩むところです。
私もラビが卵巣がんだったので、新しい子には必ず避妊手術をさせようと思っていたのですが、親元のブリーダーさんのところには、がんになった子はいないとのこと。
遺伝的リスクが少ないのであれば、避妊手術をしなくてもいいのではないか・・・、もう少し後でもいいのではないか・・・なんて思ったり。

今ララは5カ月です。1回目のヒートまで、まだ少しですが猶予はあるので、じっくり考えますね。

またいろいろ教えてください。
by ラッテ (2012-09-18 21:56) 

kazumin

←先住犬の事は思い出してしまうと思います・・・
ももちゃんのブログは楽しかったし・・・私にも、ももちゃんは心の中に残っています♪きっと観ていた沢山の方の心の中にも残ってます!
我が家は雄のみ避妊手術済です。
雌は大変そうなので辞めました。それが良かったのかどうかはわかりません。

by kazumin (2012-09-18 22:45) 

ra35

避妊手術をさせる、させない・・飼い主さんが出す答えが 正解だと思います。
わが子の子孫への責任、わが子の体の事、すべてを考えて、判断をすれば それが一番だと・。
私が 子供の頃 犬の命は10年位と言われてました。その頃 いた マルチーズは10歳で亡くなり、当時は 老衰・・と言われましたが
今は 環境、ペットの医療の進歩 いろいろな事で もっと長く生きられるようになりました。
我が子なら 長生きしてほいいのは 当然です。 わかっていることは 実行しておきたいという気持ちも 当然。
でも、病気でもないのに 手術をするのは・麻酔の危険があるのでは・・と思う気持ちもあると思います。
どちらの状態だったとしても、万が一の時、これで良かったと 思うことは絶対にないですよね。だから、私は 自分の出した今の判断が正解なんだと 思っています。

by ra35 (2012-09-18 23:48) 

うさこ

>三太さん

ありがとうございます。
今回はメス犬の話でしたが、男の子も男の子で色々ありますものね。。(聞きかじった程度ですが.汗)
なんか いま雷ごろごろなってる~(きゃー)


>ラッテさん
ありがとうございます。
ララちゃん5ヶ月ですかぁ 早いですね^^
いえ、私なんてとてもとても。

一応ももの時お世話になった獣医さん(ガン専門)のお話でしたがで
教えて頂いた内容をお伝えしたまで、です。
ぺぺは 避妊手術の時に他の病気もあるので 手術一緒にしちゃおう という事もあります。^^;


>kazuminさん
ありがとうございます。
お友達も何年たっても 5年でも10年でも思い出す と多くいわれるので
きっとそうなんでしょうね。^^
わたしもきっと最後まで何がよかったかって 分からない気がします。



>ra35さん
ありがとうございます☆
おっしゃる通りだと思います。>各飼い主さんのご判断
数字はあくまでも数字だし、手術をしたからといって 癌に絶対ならないわけではないし、 しなくてもガンにならないこもいる。。
病気もそれだけではないですしね。それに子供を産ませたい場合は もちろん違ってきますね^^

ただ 猫ちゃん(はどうなのかな?)は、私のまわりでは 保護している方たちがすぐに避妊するので、よくきくけど
ワンちゃんの場合は すぐに避妊というのはあまりきかなかったので、今回 ぺぺを飼うことになって 改めて確認してみました。

ぺぺはまだ記事にしていないのですが、1つ病気があって、それを一緒に避妊手術の時にできるかもしれない・・ という事があり、10月に予定しています。^^;
私の考えはちょっとかわっているのかもしれません・・・ あまり長生きしてほしい とかはないんです(変かな。笑) それより
万が一病気になったりした時に 犬が痛い思いをしないでほしい という気持ちの方が強いです。 QOLですね^^
勉強になります、ありがとうございました♡




by うさこ (2012-09-19 00:25) 

シェルビー

うさこさん
おはようございます。

ウチの犬は雄犬ですが、
去勢手術をしていません。
あっという間に11歳になってしまい、
彼女もいない犬ですが、
最初は、
繁殖させようと考えていたから。

でも、
結局11年経って去勢手術しなかったことを、
マロンには申し訳なく思ってるし、
無責任な飼い主だと自分たちを責めています。

去勢手術をすると、
性格は穏やかになるそうですね。

マロンは普段は穏和な性格ですが、
身体が不自由になってから、
昼夜逆転の生活をし、
夜中に発狂するから、
何かしら関係してるのかなとも考えてしまいます。

ぺぺちゃん、
10月の避妊手術、
頑張ってくださいね。
by シェルビー (2012-09-19 04:26) 

terrybear

もあなはヒートは知らないんですよ
ヒート来る前の方がいいって言われて早めに手術したので
by terrybear (2012-09-19 07:02) 

みーこ

バーディーは獣医さんのすすめで早い段階で手術した記憶があります。
心臓が悪かったので、麻酔が心配だったのですが問題なかったです。
早い段階でしてよかったと思ってます。
多少のリスクは伴うものの、したほうがいいんでしょう。
バーディーは術後傷が痛まなくなるまでおとなしく過ごしてたんですが、
キャディーはドタドタ走っては痛むのかキャン!って時々鳴いてました、術後。
by みーこ (2012-09-19 07:05) 

okko

ポピーもすぐに手術をしましたよ。その前の雄も。
丈夫になるし、結果、長生きしました。ポピーもそのおかげか、元気にしています、年の割にはね。
by okko (2012-09-19 11:23) 

okko

そうそう、性格が柔和になるとも言われ、その通りになりました。
by okko (2012-09-19 11:27) 

マリーまま

わ~っ!うさこさんだっ! すっかり出遅れちゃった^^;
私のブログにもポチっと来てくださってたんですね。 気づかず
ごめんなさい。 また今日も苺物語に行ったんです。
そしたら・・・そうかぁ、ぺぺちゃん。
賑やかな毎日ですね。子犬時代は短いから 楽しんでください。
ベロちゃん 可愛かったですもん・・・そんなに早く忘れられないのは
当たり前ですよね。私もマルチーズが18年前に12歳でガンで亡くなって
家族は何年もひきずったけど、今は素敵な思い出で 何にも
変えがたい 素敵な時間だったと思ってます。
マリーもアンも 手術の翌日、お腹に絆創膏1枚貼っただけで、普通に
帰ってきて 普通に暮らしてました。
これで 婦人病にならないなら ホントに良かったと思ってます。
うさこさん ぺぺちゃんの成長、楽しみですね~
by マリーまま (2012-09-19 18:43) 

ten

はなじろうは去勢してないんですよ。
いろいろ考えましたが、
今元気なのに先々の心配のために麻酔のリスクを犯すのも・・・と。
医療の恩恵を受けながらも、なんとなく自然の摂理に反する気がして。
でも後々講演を聴いたり自分で勉強して、
去勢・避妊のメリット(うさこさんの記事にもありましたが)を考えると
してあげたほうがよかったのかなと思うことも。
無事に11才を迎えましたが、はなじろうの元気に感謝するばかりです。

いろいろ考えてもらえるうさこさん家に来て、ぺぺちゃんは幸せですね。
ペロちゃんことも変わらず大切に思ってらっしゃる、それでいいと思います。
な~んて、ワタシもいつかくるその時、きっと尋常でいられないと思います。
長文すみません。
by ten (2012-09-19 19:10) 

わんわん

アニーは1回目のヒートが来た後手術しました。ヒートが重くってだらだらと1ヶ月位続いたかな〜それにあまり元気もなくなってお散歩も出来ないので思い切って手術しました。
産ませないのなら手術した方がいいようにも思います。

↓前記事読ませてもらいました。泣けた。。。
私は結婚後2匹のワンコを見送りました。。。1匹目の時、ペットロス状態が一年近く続きました。目覚めると泣いているみたいな。。。
2匹目は3ヶ月の介護生活があった為か涙の量は少なかったかも。
いずれにしろ、ワンコは飼い主より先に逝ってしまうってことは肝に銘じなければなりません。でも生きているうちに沢山想い出を作って楽しく過ごしましょう!!ペペちゃん10年どころか20年生きるかも〜^^
by わんわん (2012-09-19 19:18) 

youzi

こんばんは♪
ももちゃんの存在は大きかったですね。
看病が大変だっと思いますが、その時間って、
本当に貴重な時間だったのではと思います。
私も、ももを1年看病しました。
病気になった事は辛かったですが、
看病した事は本当に大切な時間だったと感じます。

ぺぺちゃんの避妊手術はももちゃんの事もあるので、
できれば、早くにと思いますよね。
私も犬の病気をちょっとだけ勉強した時に乳腺腫瘍の
発生率の事を聞きました。
麻酔は危険率が高いので、できれば手術はと思いますが
発生率を見ると、子どもを産ませる予定がないのだったらと
思いますね。
ももが手術した時に貧血気味で脳に血液が行く量が少ないと
危険があるからとの理由で、手術が延期になったんです。
2回目はなんとかできそうと言う事で、手術をしましたが、
目が覚めなかったらと、迎えに行くまで不安でした。
ぺぺちゃんの持病、鼻かのどに関係していますか?
by youzi (2012-09-19 21:07) 

kaorimax

すけ口のペペちゃん・・・カワイイじゃないの〜♡
ワタシは今まで女の子のWANを飼った事ないので
WANの生理なんてのも知らなかった〜(汗
by kaorimax (2012-09-20 01:34) 

Mie

避妊や去勢については、もう飼い主の考え方一つですよね。
それぞれにメリットもあればデメリットもある。
Kenも去勢のメリットデメリットについて、先生から説明をしてもらい
去勢はしないと決めたけれど、結局去勢しなくてはいけない状況になりました。
麻酔は、負担が大きい。
だから、去勢しないと決めたのに、年を取って体が弱くなってから去勢する事になり、若いうちにすれば良かったと後悔。

ペロちゃんの事から、今回ペペちゃんの避妊を決めた気持わかります。


by Mie (2012-09-20 10:20) 

うさこ

>みなさまへ

コメントいただきありがとうございます。センシティブな内容なのにすみません。獣医さんからきいた話とはいえ
これから仔犬をかう人向けってした方がよかったと反省してしまいました。。
&お返事遅れてごめんなさい。。 やっとPC前に座れました。。(更新はスマホからしてました^^;) 勉強は!?汗

>シェルビーさん
ありがとうございます。
マロンちゃんそうだったのですね^^ ももも 避妊というか手術の為にとったのはずーっと遅かったです。
年を重ねるとわんこも人間も!?病気大変ですよね。。。
今年の夏は 新しいぺぺでも病院へよくいきましたが 本当よく沢山のワンちゃん猫ちゃんが通っています。。

マロンちゃんさいしょ繁殖させようと思っていらしたのですね^^ もももそうでした。(ちらっと思った程度でしたが^^;)
どんなにかわいいこだったかしら・・とか (親ば○)おもっちゃいます(笑)
想像しちゃうし そんなにご自分のこと責めないでくださいね。 飼い主さんはその時 その時で最善のことをされているのですもの。

ぺぺにありがとうございます~♪


>terrybearさん
ありがとうございます~
もあなちゃん そうだったのですね^^ いいですね?
ぺぺはきちゃったから(笑) 

>みーこさん
ありがとうございます。
バーディーちゃん よかったです。 心配ですものね。
今はかなり麻酔がよくなっているそうですよ。
高齢のペロ(もも)でも 最後はよく手術や検査にがんばってくれましたよ・・涙
キャディーちゃん痛かったのかな・・  ももはエリカラでした。

>okkoさん
ありがとうございます。
やっぱりすぐした方がいいのですね。 ポピーちゃんも丈夫で元気で嬉しいです♪
性格は・・ なんでしょうね。 ホルモンかな。。

>マリーままさん
ありがとうございます。
そうなんですよー 気まぐれ(?)でまた始めてしまいました。^^; わんわん苺~の方も
いってくださったのですねっ すみません。これからもよろしくお願いいたします。
そっか・・ マリーままさんもマルチーズちゃんを。。;; 大変でしたね。。
本当 自分のこをなくして あらためて 辛い思いをされてきた方がいっぱいいる事が分かりました。
お腹に絆創膏枚はすごいです(驚) ももはエリカラでした(笑) ぺぺもぜったいはがしちゃうから
エリカラだろうなーーー


>tenさん
ありがとうございます。 うん わかる・・
もももそうでしたから、、 そして いつかはももに子供できるかな・・とか最初考えてましたから^^
でも結局 もたせてあげられなかったけど 状況って変化しますものね。
はなじろうちゃんがtenさんの大きな愛で包まれているのはひしひしと感じられるし、その時その時 ペットに最善のことを
してあげているのだから・・
もももそうだけど 運命っていうのかな・・ ぺぺもこれから流れにまかせて飼育(あえて.笑)させてもらおうと思っております。 
 ブーブーきちゃったら微力ながらその時はサポートさせていただきます!


>わんわんさんへ
ありがとうございます
アニーちゃん そうでしたか。
ペペロミアの時も 初めてだから 最初の方は大丈夫で、じょじょに重く(体調悪く)なっていくかもしれません
と言われました。 女子はつらいですよね。^o^;
アニーままさんも ロスおつらかったですね;; うん、 わたしなんて多少薬に頼ってしまいましたよー^^; 
風邪ひいたら風邪薬飲むくらいの感覚で。 だって 起き上がれないと生活に支障でますから。←自戒
そうですね、 ほんとう思った。ペットは先にいっちゃう! 10年とかあっというま(笑)
もっと30とか40年とか一緒にいてくれたらいいのにね、ってなくなった直後は話してたけど それはそれで大変かも?(笑)


>youziさん
こちらまでありがとうございます。
youziさんも ももちゃん~^^ 
ねー そんなに高かったんですね。 15年くらい前ってネット(あったか・・)あまり情報集めなかったから
その点については後悔してます。。 で も 
今は 熱心な獣医さんにも出会えたし 色々きいちゃいます^^;
麻酔も今はかなり よくなったようです。 とはいえ 医療側が100%大丈夫といわないのは当然だと思います。毎回
手術承諾書を書くときは覚悟してます。
でも不安になったらわんこ敏感だから伝わっちゃうし いってこいよ!(笑)って気持ちで送り出してます。(ももの時はさすがに心配でしたが・・)
ぺぺの時もいっぱいエネルギー注入予定です(笑) ぺぺっちはお鼻とかではないです。(鼻ペチャだけど.爆)鼠蹊部ヘルニアです^o^;;


>kaorimaxさん
ありがとうございます。
わたしは男の子を飼ったことがありません(笑) 
しゃくれ~!って 鶏にいたね。。 病院の看護師さんたちは優しいから 「ぺぺちゃんの個性だよね♪」って言ってくれます.笑 あと外斜視
1回で3週間もつづくのよ~ ももの時は大変でした。

>Mieさん
うん 私も自然とそういう考えでした。
もう今はどこもすぐに避妊すすめますよね。。 ブリーダーするわけでないし(当たり前)  そりゃぺぺの子供って興味ないって
いったらウソだけど、 最初から一応 出産もさせないで下さいって 言われた犬なの。。(涙) >そけい部ヘルニア
だから選択肢ないっていうか、ぺぺにはがんばってもらわないと。

by うさこ (2012-09-22 00:42) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。